住宅ローン無料診断

住宅費の負担を軽減できたらいいのに・・・と思いつつ、何をしたらいいのかわからないあなたへ

※もし、あなたが下記に当てはまるなら

あなたの住宅ローンは借り換えメリットが

あるかもしれません

無料で借り換え診断をしてみる

 平成18年より前に住宅ローンを組んで、その後見直しをしていない・・・

 大手の銀行で住宅ローンを組んでいる・・・

 フラット35で住宅ローンを組んでいる・・・

 転職して1年以上経過している・・・

 過去に借り換えを考えたが、面倒そうだからと挫折した・・・

 住宅ローンの繰り上げ返済を検討している・・・

今、まさに住宅ローン金利を見直す時期が到来しています。

にも関わらずあなたが住宅ローンの借り換えを躊躇する理由があります。

例えば・・・

 銀行に行って借り換えを相談するのはためらってしまう・・・

 そもそもいくらのメリットがあるのか、わかりにくい・・・

 借り換えの手数料や火災保険など総合的に確認できない・・・

 銀行に相談しても、いろいろかかるから損と言われる・・・

 書類を揃えるのが面倒・・・

などなど

たくさんのハードルがあることと思います。

インターネットで借り換えの申請をしようと思っても、項目が多すぎて、途中で違うボタンを押してしまって、

挫折。。。なんてこともあるでしょう。

ただ、その前に・・・

今、なぜ、住宅ローンを見直す時期が到来しているのか?

答えは簡単、見直したら、得する人がたくさんいることが分かっているからです。

今現在住宅ローンを組んでいる件数は、1200万件(180兆円)あるそうです。

そして毎年、100万件以上の住宅ローンを組んでいるそうですが、

その中で借り換え需要がある件数はどれくらいだと思いますか?

つまり、借り換えするとメリットがあると思われることです。

その数、600万件以上だそうです。そのうち、借り換えを実行している件数はわずか15万件。

まだまだあなたにも可能性があるということです。

これだけの可能性があるのに、借り換えをしない人がいます。もしかしたらあなたもそうかもしれません。

karikaeshinai3

理由がない、手数料が掛かる、手続きが面倒、金利が高いと思わない・・・などなどたくさんありますが、

上記でお話したとおり、可能性は十分になります。

なぜか?あなたが住宅ローンを組んだ時と比べて明らかに金利が減少しているからです。

そして、銀行自体が住宅ローンの金利競争をしています。

金利が減少している】

karikaeshinai2

住宅ローンはこの金利とほぼ連動します。これはニュースなどでよく聞く、日本国債の長期金利というものです。

10年前の半分以下になっていることが分かるでしょう。

で、実際どのくらい効果があるの?そう思われるでしょう。

まずは無料で診断してみましょう!

あなたの心配事を全て排除します。

手続きがカンタンなどの話の前に、あなたが無料で診断をして、メリットがあるのかどうかを

まずは確認してみましょう。

先程もお話しましたとおり、半分以上の人に効果があると言われています。全国の100以上の

銀行のデータからあなたに最適な銀行を選ぶことも可能です。

無料診断の流れ

フォームに必要事項を入力

メリットの概算を送付します

借り換えされたい場合は無料コンサルティング

借り換えの実施

(細かいことはコンサルティングじにご紹介します)

無料診断申し込みフォームは下記より



お名前(姓・名)
*メールアドレス
*電話番号
*都道府県
*借入残高
*借入利率
*最終返済日
*優遇金利終了日(固定金利選択型の場合)
*当初後優遇幅(固定金利の場合)
その他ご質問等ありましたらご記入ください




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする